KAITORI OKOKU|RECRUITING|

ENTRY

やりがいは、「正解がない」こと。やりがいは、「正解がない」こと。

買取王国植田店 衣料マネージャー


大西 賢

服を好きになったきっかけは買取王国でした。大学生の時に住んでいた家の近くに買取王国があり、初めて入った時に「ここに来ればいろんな服が見れる!」とワクワクしたのを覚えています。就職活動中、「将来自分でブランドを立ち上げたい。」という夢ができたのですが、服のことを全く知らなかったので、まずはアパレルで経験を積もうと考え、沢山のブランドに触れられる買取王国への入社を決めました。入社してすぐは、服の知識が全くない状態だったのでかなり苦労しました。周りの同期は元々アルバイトをしていたり、服に詳しい人ばかり。配属先の先輩社員もかなり知識がある方々。ブランド名も分からなければアイテム名も分からず、迷惑をかけたりたくさん失敗しました。1日でも早く成長したかったので、分からないブランドを毎日メモして帰ってから調べることを繰り返しながら、少しずつ知識をつけていき、1年が経った頃には少しずつ周りの人にも評価して頂けるようになりました。あの時は、なにより出来ない自分が嫌だったので必死でした(笑)

この仕事のやりがいは「正解」がないことです。どうすればお客様に楽しんでもらえるか、また買いたい!また売りたい!と思ってもらえるのか、そこに「正解」はありません。だからこそ、毎日試行錯誤しながら売り場を作り、意図した通りに商品が売れた時はやりがいを感じます。実は、夢であったブランドを立ち上げるために買取王国を一度辞めたんです。それからブランドを立ち上げようと必死に動いたけど、結果は失敗。起業する難しさや責任を痛感しました。そして、いくつかの会社を経た後、ありがたいことにもう一度買取王国で働かせて頂くことになりました。今は少し視点が変わって、起業ではなくこの会社の中でどんどん大きなことをしていきたいと思っています。やりたいことや目標は沢山ありますが、どれもこの会社で実現できると思っています。これからこの会社に入社したいと思ってくれる人達が、夢や希望を実現しやすい環境を作っていければなと思います。

期待を超え続け成長する。お店も、私も。期待を超え続け成長する。お店も、私も。

RE&長久手店 店長


森 明日美

実は入社するまで、リユースショップに一度も行ったことがなかったんです。(笑)就活中は、学生時代のアルバイトがきっかけで接客メインの仕事がしたいと思っていました。憧れから、ウェディングプランナーを中心に就活をしていたのですがなかなか決まらなくて…仕事をするなら好きなものを扱いたい、仕事を通して社会貢献ができる職種は何だろうって、考え直しているとき、買取王国を見つけました。選考中に出会った社員の方が、本当に親身になって相談にのってくださって、あぁこの会社だったら自分の意見もしっかり受け止めてくれて、目標を持って働くことが出来そうだなと思い、入社しました。それまでリユースショップに行ったことも無かったし、服を扱う仕事もしたことがない私は、まさに0からのスタート。入社後は失敗も多かったし苦悩の日々でしたね。でも働いていくうちに、リユースショップの面白さがどんどん増して、自分が好きと思える物もどんどん増えていって。元々あまり自分の意見がなく、好きなものも特にない暗い性格だったのですが、自分が好きと思うものが増えたことで自分に自信がつき、もっと追求したい、もっとチャレンジしたいと強く思うようになりました。

期待以上の仕事をする!と常に意識してきた結果、店舗外の色々な仕事をまかされるようになり充実した日々を送っています。もちろん責務も伴い時にはやらなきゃいけないことがたくさんある、、と大変な時もありますが、頼られることが好きなので何でもこい!って感じです(笑)あと他の社員さんやアルバイトさんも含め、いい意味で個性豊かな人が多く、いつも刺激をもらっていて学ぶことも多く、めっちゃ楽しいなって思います。入社5年目のいま、新規事業の“RE&”というお店を立ち上げ、店長を任されています。RE&のコンセプトは「子育てママを応援する」なんですが、店長職も初めてな上に、自分がターゲットである「子育てママ」ではないので、どうお店作りをしようと悩む日々です。ですが、現役主婦のパートナーさんや来店されたお客様にも意見を聞いて、売り場に活かしています。これからももっと意見を出しやすい環境をつくり、スタッフのやる気に繋げることで、お客様の期待を超え続けていきたい。店舗ビジョンである、「お客様からもスタッフからも“ずっと愛されるお店”」になるよう、仕事を通してみんなの日常に彩りを与えられる人になりたいです。

「好き」と向き合い、「好き」を仕事に。「好き」と向き合い、「好き」を仕事に。

買取王国高辻店 ホビーマネージャー


山本 清斗

とにかくアメトイに関わりたい!僕にとってアメトイは正にバイブル。将来の夢はスパイダーマンですし、ジェダイを崇拝しているのが僕です。ここでならアメトイの仕事ができる!と思い入社しました。現在は、バイヤーとしてだけではなく、アメトイ系ユーチューバーとしてアメトイの魅力を発信したり、アメトイ部というアメトイ専門の買取サイトを立ち上げてみたりと、「アメトイの魅力を加速させる」ことに注力することが出来ています。「好きを仕事に」という言葉をよく耳にしますが、正直な所、好きを仕事にする事はとても厳しいのが現実です。ただ好きなだけでは、ファンと変わらない。どれだけ自分の「好き」、お客様の「好き」、パートナーさんの「好き」に対して真摯に向き合い続けられるかが、「好きを仕事に」する大切な心構えです。買取王国には、そんな「好き」に対して全力な「〇〇野郎」が大勢います。自分の好きに対する熱い思いをぶつけるだけではなく、周りからも刺激的な影響を受け続けられるのも、買取王国の大きな魅力です。

業務のひとつに、「売り場の作り込み」というのがあります。パートナーさんと一緒になってお客様に響く売り場を考え、それぞれのスキルを活かして魅力的な売り場にしていく作業は文化祭の様で毎度ワクワクします。出来上がった売り場をお客様が目にし、販売や買取に繋がっていく瞬間に一番やりがいを感じます。「かっこいいなぁ!可愛いなぁ!ほしいなぁ!」「ここなら売ってもいいかも」と感情を湧きたてられるのって、実店舗だからこそ成せる大きな強みだと思います。中でも「あの!ユーチューブ見てます!」と僕を目当てに、来店されたお客様に出会う瞬間は特別です。今の目標は、「アメトイのNO.1リユースショップ!」と、言いたいところなのですが、何の『NO.1』を目指すべきなのか、正直模索中です。例えば、「マーベルアイテム数NO.1」だったり、「ヴィンテージアメトイの買取実績NO.1」だったり・・・。けれど、僕がアメトイを通じて大切にしている信念って、「寄り添えられる存在であること」なんですよね。なのでアメトイだけではなく、古着やホビー、お客様、共に働く仲間たちとの出会い等を通じて、真に目指したい「アメトイのNO.1リユースショップ」を見つけ出したいです。

チャレンジを尊重してくれる会社チャレンジを尊重してくれる会社

工具買取王国蟹江店 店長兼エリアリーダー


大嵜 昌和

「ありがとう!また来るわ!」その一言が私にとって何よりもの仕事のやりがいです。工具買取王国の店長の仕事は、店舗やスタッフのマネジメントだけでなく、自身がバイヤーとして最前線に立ちます。プレイングマネージャーの色合いが強いので、お客様一人一人との距離感が近く、コミュニケーションの時間を多く持つことが出来ます。お客様の声に耳を傾けお困りごとを一緒に考えたり、知らない工具の使い方を教えて頂いたり、職人さん仲間にお店のご紹介を頂いたりもします。こうしたお客様からの信用を積み重ねていき、工具のことで困ったことがあったらまずあのお店に、あの人のところに行ってみようと思って頂けるような信頼される店舗でありたいと思っています。

買取王国では、社歴の長い方や、異業種から中途で入社される方、年齢など様々ですが、チャンスが平等に与えられています。私は新卒で入社し、もう22年目です(笑)ここまで続けてこられたのは、失敗を恐れずに、やってみたい、チャレンジしたいという気持ちをなにより重視してくれる会社だったから。工具買取王国事業は発足から3年足らずの新規事業なので組織も役割もフラットな状態です。目の前にある仕事に責任感を持って全力投球している方なら必ずチャンスを掴めると思います。今後は工具買取王国が全国の職人さんにとって一番の存在になっていくために、今の職責にこだわることなく、もっと幅広い視点からお客様満足、一緒に働く仲間、会社の成長のためにマルチプレーヤーとして貢献していきたいと考えています。